1st-net   ログイン 
CMSメニュー
メインメニュー
トップ  >  CMSとは

CMSとは

 CMS(コンテンツマネジメントシステム:Content Management System)。ホームページを構成するテキスト、画像やレイアウト情報などを保存・管理し、ホームページの構築や編集など必要な処理を行うソフトウエアの総称です。
 ホームページを構築するには、テキストや画像を作成するだけでなく、HTMLやCSSなどの言語でページレイアウトやデザインを行い、ページや画像間にハイパーリンクを設定するなどの作業を行う必要があります。これらの要素をデータベースに保存し、ホームページ構築をソフトウェアで自動的に行うようにしたものがCMSです。
 CMSを導入すると、『WEBブラウザ上でログインし、WEBブラウザ上で書き込んだり更新したりする』という運用が可能となります。HTMLなどの言語を習得する必要はなく、サイト内のナビゲーション要素なども自動生成するため、ページが追加されるたびに関連するページにリンクを追加するといった煩わしい作業からも解放されます。またテンプレートの選択により全体のデザインを容易に変更することができます。
 CMSには、WordPress、Joomla!、Drupal、XOOPSなど、またCMSショッピングカートとして、ZenCart、ec-cubeなどがあります。コンテンツの内容などに応じて適切なCMSを選択します。


CMSによるホームページの特長(おおよそ共通した特長)

ブログ更新できる人ならコンテンツの更新が可能

  • お客様自身によるタイムリーで積極的な更新で効果的な商品案内や情報提供ができます。
  • 更新の度にホームページ制作会社に提出する資料作成の手間や費用を削減できます。

多種多様な機能の追加が可能

  • モジュールまたはプラグインを追加してシステムを拡張できます。

会員制サイトを作成できます。

  • 利用できる機能や閲覧できるコンテンツを会員のグループ毎に差別化できます。

オープンソースである

  • ソフトウエアを無償で利用できます。
  • 何か困ったことが起きたときに、その原因をつきとめたり直してしまうことも可能です。
  • 開発がオープンな状態で進むため、開発・改良が早く進みます。
プリンタ用画面
友達に伝える
カテゴリートップ
TOP
次
2つのプラン